• HOME
  • 『だんドーン』25話〜闇落ち待ったなし〜

『だんドーン』25話〜闇落ち待ったなし〜

2024.01.25

『だんドーン』25話です。

今回は切ないけど、いい回でした……泰三子先生は優しい人描くのが、本当に上手だなと思います。

犬丸バッドエンドが確定した前回。

結局、二重密偵がバレた原因はなんだったんだろう? 

それはわかりませんが、多賀者が全員集まる場所に呼びされた犬丸。粛清待ったなし。

その前に、遺体が排泄物で汚れないよう、犬丸は排便させられます。

排便しながら、二重密偵をしていた自分を顧みる犬丸。家族のために薩摩藩に情報を流していたけれど、結局、心はタカ様のもとにあったと告白。そして、井伊直弼襲撃計画の全貌ををタカ様に暴露するのです。

とはいえ、ここで犬丸がどこまで本当のことを話したかはわかりません。子供のために、もしかしたらタカ様に嘘をついたかもしれない。

そんなシリアスな会話を、排便中にさせるのが、お茶目なシーンだなと思いました。

そして、薩摩藩邸に帰ってきた川路を待っていたのは、犬丸の首。

犬丸の母親も妻も殺され、川路は打ちひしがれます。闇落ち待ったなしじゃないか。

タカ様が、犬丸に託した手紙には「子供をわたして 討ち入り絶対にさせない」というメッセージが。

でも、これ読んじゃったら、薩摩藩は討ち入りの作戦変えるのでは? 書かないほうがよかったのでは??

なんでわざわざ知ってることを教えたの? そういう作戦なの? ちょっと頭が悪くて意図が読めませんでした。

しかし、犬丸がついにアウトしてしまって、悲しかったです。でもグロい最後じゃなくて良かった。

次週は休載だそうです。再来週は桜田門外の変前夜。楽しみです。

PROFILE
演劇ライター 中村 未来

​中村 未来Nakamura Miku

千葉県習志野市出身の演劇ライター、シナリオライター。
玉川大学芸術学部卒業。
趣味は演劇鑑賞と漫画を読むこと。
東京都在住。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。内容をご確認の上、送信してください。

コメント必須


上の計算式の答えを入力してください

名前必須

同じカテゴリーの記事を見る